RSS

数独 -SUDOKU-

数独アプリで時間を潰そうと思っていると思いのほか面白く、時間を潰しているのか数独のために時間を費やしているのか分からなくなる。このチマチマした感じ、頭を動かしている感覚(錯覚?)も大好きです。

数独(すうどく、Sudoku)とは、3×3のブロックに区切られた 9×9の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れるペンシルパズルの一つである。 By Wiki

専用本を買って書き込むほどのツワモノでないため、アプリの手軽さが嬉しいです。私が遊んでいるアプリはSUDOKUというアプリ。シンプルで可愛く、操作性も良い具合。デイリーゲームはランキングがでるので、自分のクリア速度が世界の人達と比較でき、それもまた面白いのです。かなりお気に入り。

 

SUDOKU  2.1.4(無料)App
カテゴリ: ゲーム, 教育, パズル, ボード
販売元: moonrabbit – moonrabbit(サイズ: 15.9 MB)

 

今回このゲームの中にある、「気違い沙汰※」レベルをクリアし、喜び勇んでご紹介してみました。クリアしたといっても、物凄く時間がかかって(50分)恥ずかしい限り。最速クリアしている人って、人間なんだろうか?(笑)

強烈に早くてビックリします。私も、もう少し頑張ろう。

 

※差別的な意味ではありません。誤解なきよう。

 
コメントする

投稿者: : 5月 4, 2012 投稿先 アプリ

 

タグ: , ,

私が影響を受けた5つのゲーム #5games

面白い企画なので私も参加してみます!
元記事はこちら!
私が影響を受けた・ハマった5つのゲーム #5games

さて私の中で強烈に印象に残っているゲームはこちらです。

1位 ウルティマオンライン
日本語版が出た当時って何年?1997年?そのころに始め、なんだかんだで最も長期間やったゲームです。PKとかPKKとかで精力的に活動する時期もありましたが、最後はお店屋さんで終了です。時々無性にやりたくなります・・・銀行の整理とか、家の改造とか。

今では全く珍しくなくなりましたが、オンラインゲームって凄いと思った衝撃は忘れられません。
夜な夜な集まってイベント等、懐かしいですね。

Youtubeで見つけた「a dog」ご存知の方がいたらいいなぁ。

そのウルティマオンライン、現在14周年だそうです!長寿ゲームですね。
こうなったらず~っと運営を続けて欲しいです。

2位 ディアブロ
言わずとしれた作品ですね。チキンなので、ソーサレスで敵が見えないうちに叩く戦法のみ。暗くて怖いうえに、あの音・・・・・・けれど、病み付きになるのはどうしてでしょう?少しづつ攻略していく楽しみと、武器のカスタマイズやユニーク武器等を揃えていくのが面白かったのかな?

動画はDiablo 3です。

現在発売間近で、ワクワクしています。早く出て欲しい!

3位 クロノトリガー
超大好きです。曲が飛びぬけて印象的だし、時代を超えた複雑な話のわりにわかりやすかったかな。今思えば、慣れるまで進行は一本道で理解しやすいけど、それまでに飽きにくい工夫がされているように思います。やはりバランスがいいんじゃないかな。

現在Appでも出ているようですね。
App版はやったことがありませんが、評判はどうなんでしょね?

クロノ・トリガー 1.0.1(¥1,200)App
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング
販売元: SQUARE ENIX Co., LTD. – SQUARE ENIX Co., Ltd.(サイズ: 616.2 MB)

4位 FF7
王道で恐縮です。4と迷いましたが、今回はFF7を取りました。フラッシュバックの表現手法だったりマテリアだったり惹きつけるものが多かったのと、お話がよく出来ていてバランスが良かった印象があります。エアリスが生き返らないのかと模索も(笑)しました。

5位 アサシンクリード1
落ちをどうするか迷いましたが、これにしてみます。操作性は最悪、何より面倒くさいし、投げ出したくなるゲームでした。けれど話はとても面白いし、絵は綺麗だし、全てにおいて惜しいんですよね。最もストレスを感じ、最も残念なゲームとしてこれを挙げておきます。やってみたい方は2を。

 

以上が、私の中で強烈に印象に残っているゲームです。
オンラインゲーム中心なのは、はやり人生初の大規模オンラインゲームだったので、衝撃が凄かったんだと思います。こうして冷静に読み返してみれば、FF11もやっていましたし、がっつりハマると廃人決定でしたね。EQやWoWとかに手をつけなかったのが、唯一の救いに(?)なったのかもしれません。

もしかしたら知らぬ間に私と一緒にゲームをした事があるかもしれませんよ。

 
1件のコメント

投稿者: : 3月 20, 2012 投稿先 日々

 

タグ: ,

スキンケアの落とし穴(その2) #blog

photo credit: lambertwm via photopin cc

前回の続きです。記事はこちら。
スキンケアの落とし穴(その1)

前回、お手入れ方法を見直す点をリストアップしました。

  • 洗顔方法
  • 化粧水・乳液・ナイトクリームの基礎化粧品の使い方
  • スペシャルケア(パックや美容液)の使用頻度
  • 食べもの・睡眠時間・体調などの生活習慣の見直し

今回は一つ一つ見ていきます。

洗顔方法
まず洗顔。しっかり洗うのはとても大切です。しかし、ゴシゴシ勢いに任せて洗っていませんか?器具を使うのも、私はお勧めできません。泡で洗うようにと言われるのは、そもそも肌に負担をかけない為です。水洗いでも80%ほどの汚れは落ちると聞きます。油汚れを落とすのみなので、僅かな力でも落ちると考えてください。

また洗顔後に使用するタオルは清潔でしょうか。ふき取りはどうされていますか?丁寧に洗っても、ゴシゴシふき取っては意味がありません。軽くおさえるように、水分を拭ってください。

化粧水・乳液・ナイトクリームの基礎化粧品の使い方
きっと皆さんは既にお使いの化粧品がありますよね。見直すべきは、手順と量です。規定の方法と量を守っているのか調べます。オリジナルなお手入れ方法をされている方は、一度リセットしましょう。ブースター化粧品なども登場していますので、知らず知らずのうちにお手入れ方法が複雑化している可能性があります。

まず一度、化粧品会社が提示した手順にもどします。


    (朝)洗顔→化粧水→乳液
    (夜)洗顔→化粧水→ナイトクリーム

化粧品自体が数社にまたがっている場合でも、化粧水・乳液・ナイトクリーム等に分けることは可能なはずです。ブースター化粧品については肌が安定した後追加してきましょう。ここではまずシンプルにする事が先です。

次に量を見直します。
化粧水はどれくらいの量を提示されていますか?乳液は?クリームは?
この量がとても大事なのです。米粒大?500玉くらい?コットンにつける?等々。

一番陥りやすい例をあげると、本人はオイリー肌だと自己判断し「乳液をつけない」というお手入れをしている場合があります。にきびの多い方によく見られるのですが、これは大きな間違いで、大抵お肌の様子を見ると極度の乾燥肌という事があります。ここでは自己判断はせず、規定どおりの量をつけましょう。多すぎも禁物です。栄養過多で肌に反応がでる場合があります。※明らに肌に合わない場合は、この限りではありません。ご使用を中止し医師にご相談ください。

スペシャルケア(パックや美容液)の使用頻度
スペシャルケアは週どれくらい行なっていますか?
美容液を毎日つけていたり、ピーリングを毎日行なっていたりしませんか?スペシャルケアは即効性が高いので、ついつい手が出てしまいます。それが落とし穴なんです。これも基準通りの周期に戻しましょう。2週間に1度なら、その通りに。

食べもの・睡眠時間・体調などの生活習慣の見直し
これはスキンケアだけの問題ではありませんね。けれどかなり簡単に蔑ろにされてしまう部分です。食べることさえもダイエット優先で達成できなかったり、寝るにしても3時間しかとれなかったり・・・。軽視せず、内側からメンテナンスするつもりで取り組みましょう。

意外に多いのは、何らかのアレルギーを持っているのに気が付いていないケース。食物アレルギーなどは特定が難しい事もあり、検査を受けていない方もいます。これが肌に表れている場合もあるので、どうしても肌の調子が優れない場合は疑ってみる事も必要だと思います。

*****

さて全体を見直してきましたが、ご自分のお手入れ方法はどうだったでしょうか?
基本の基本に戻るような提案ですが、実はこれでかなり改善されるんです。がっちりお手入れされている方は、最初は不安かもしれませんね。けれど良かれと思っているお手入れ方法で、ご自分の肌にダメージを与えているとしたら?そう思うと、見直す価値はあると思います。

優秀な化粧品は多々あります。
美容器具もたくさん発売されていますよね。

そんな流れの中にいれば、知らぬまに過剰なお手入れになっても不思議ではありません。スチームを当ててクレンジング、ブラシ洗顔、ピーリング剤で角質ケア、ブースター化粧水、イオン導入機で化粧水、クリーム、美容液・・・・・・本当にこうした環境に陥っている人は多いんです。肌がダメになってしまう。

お手入れ方法を減らす事は、怠ける事とは違います。手を抜いているわけではないのです。
ファッション紙やメーカーに煽られない事です。

この機会に、本当の「ケア」を目指しましょう!

 
コメントする

投稿者: : 3月 12, 2012 投稿先 Beauty, 日々

 

タグ: , ,

スキンケアの落とし穴(その1) #blog

photo credit: by Janine via photopin cc

女性だけにのみならず、今や男性も気になるスキンケア。
今日TVをつけていたらそんな人には必見の特集が組まれていた。

    毛穴の目立つ人必見! キレイに消す最終ワザためしてガッテン

ちなみに私、以前数年ですが美容部員として勤めていました。そこでお客様とお話させていただいた経験と、本日のTVの内容が合致していたので、スキンケアについて書いてみることにしました。

TVの内容で取り扱っていたのは「毛穴」と「ニキビ」

店頭に立っていた時もやはりこの2点と「乾燥」で占められ、深刻に悩まれている方も多数いらっしゃいました。では、その方達がお手入れを怠っているのかというと、全く正反対で、深刻に悩まれていればいるほど、その方達のお手入れ方法は実に丁寧で念入りです。これのどこに落ち度があるのかと思われるほど、完璧でした。

もうお分かり頂けると思いますが、スキンケアの落とし穴とは

「お手入れのしすぎ」なんです。

手をかけすぎてしまい、肌を痛めてしまったり免疫力を落としてしまったりするんです。それで引き起こされる肌トラブルの実に多いこと。TVで取材されていた方達も、洗顔ブラシを使われたり、器具で皮脂を取り除かれていたりしました。

それはね・・・・・・ダメ!絶対。

過剰に肌をいじる事自体、よくないと私は考えています。

数十年前と比べ、今「お手入れする」という事は極々当たり前になりました。
小学生でさえも肌に気を遣う時代です。その当時より断然肌に触れる機会も多くなり、使う化粧品も増えました。その背景を考えれば、どれだけ肌に負荷か想像に難くありません。

ファッション雑誌では最新の化粧品が並び、綺麗に、美しく、透明感を、と乙女心をくすぐる言葉が並んでいますよね。夢があります。素敵です。欲しくなります。けれど、これに煽られてはいけないのです。まず必要なことは、お手入れ方法を見直す事。とってもシンプルな事です。

どこを見直すのか、リスト化してみました。

  • 洗顔方法
  • 化粧水・乳液・ナイトクリームの基礎化粧品の使い方
  • スペシャルケア(パックや美容液)の使用頻度
  • 食べもの・睡眠時間・体調などの生活習慣の見直し
  •  

    この機会に一度見直してみませんか?
    次回は、一つ一つ解説したいと思います。

     
    コメントする

    投稿者: : 3月 7, 2012 投稿先 Beauty, 日々

     

    タグ: ,

    筆箱の中身、見せます。2012年2月編  #bungu

    先日の日曜日、街の文房具店に立ち寄りました。
    資格の勉強用に青ペンを購入しようと思ったからです。

    LOFT等の大型文具店も便利だけど、小さな文房具店の「未知の物が置いてありそうな雰囲気」が好きで、ついふらふらと立ち寄ってしまいます。しかも時々、販売を終了した文具が見つかったりするところが魅力度を増すようです。

    さて今日は、自分が使っている筆記用具(主にMP)を載せてみます。

    そのお店で発見したのが、写真左の「スタイルフィット マイスター 回転式3色ホルダー」。

    従来のスタフィのホルダーはノック部分の出っ張りが使いにくく、PILOTの「4+1 LIGHT」にスタフィ軸を入れて使っていました。ホルダーが新しくなったとの噂はだいぶ前に耳にしていましたが、自分の改造したペンに愛着があったので特に調べる事もせず過ごしていました。

    ところが、今回実際に新商品を目にし自分の浅はかな判断を悔やむ事に!
    3色ホルダーが去年の10月下旬に発売されていたのです。

    知らなかった・・・・・・。

    変更点は何よりスリムになったこと、回転式に変更された事により邪魔だったノック棒の出っ張りがなくなったこと、大人向けのシンプルなデザインに変更になったこと。私が気になっていた点が、全てカバーされていました。uniさんには申し訳ないけど、以前のホルダーは持てなかったです正直な所。今回の変更はGood Jobです!(生意気ですね)

    さてそのほかのペンについてですが、スタフィ右から、クルトガシャープローレットモデル、前にお話したGRAPH1000、Pentelマークシートシャープの1.3mmです。

    試験に向けて書いて覚える為なので、疲れない事が大前提。そこでクルトガの選択ですが、自分には合っているようで良い具合。適度な重さが欲しかったのでローレットモデルにしました。またマークシート用シャープは試験用に購入しましたが、専用なだに僅かな力でシートを塗りつぶすことができ修正もしやすいです。細いシャープペンシルだと、力の掛かり具合が違うので塗りにくく消しにくい状態になってしまうでしょうね。またそれだけでなく、普段文字を書くにも太芯なのでぬるぬる書けて気に入っています。まぁ、歴代のなかで一番気に入っているMPは「PILOT 2020 Rocky」なんですけどね♪機能復刻じゃなくって、完全復刻してほしい・・・・・・。

    消しゴムはAINのまとまるタイプがお気に入り。
    色々使いましたが粉々になる消しゴムが苦手な為、こいつに落ち着いています。

    高級感のかけらもないラインナップですが「たかが文具、されど文具」です。
    お気に入りだと気持ちも上がりますし、使用目的に則した文具だと効率面でもだいぶ違うように思います。

    今度の日曜日にでも、街の文具店へ行ってみてください。
    凄い発見があるかも!

     
    コメントする

    投稿者: : 2月 27, 2012 投稿先 文房具

     

    タグ:

    2012/02/22 現在のiPod touch ホーム画面

    前回のiPod touch ホーム画面の投稿から、約20日経過しました。

    その後、他の方々のホーム画面を参考に色々試行錯誤したつもりです。がしかし、本日スクリーンショットを見比べてみた所、あまり大きい変化がありません。あれ?なんでだろう。20日どころじゃあまり変化はないですかね。

    一応私の中の決まりとして、一番上の段は、使用頻度が低いアプリやバックグラウンドで動くようなアプリを集約させています。2段目にはニュースやツイッター関係をまとめました。指が短い事もあり、よく使うアプリは2段目以下の設置が望ましいようです。3段目も使うアプリではありますが、頻度は2段目ほどではありません。一番下の段は手帳関係となめこ(重要)、メモリ管理です。使用頻度はもっとも高い段になります。

    お気に入りのアプリはLovelyフォルダに集めています。
    それがこちら↓

    自分では使いやすいと思っていたんですが、こうして客観的に見るとまとまっていませんね(汗)一日1回は開くアプリを上段に。あとは特に決めておらず、収めているだけという・・・・・・う~ん。さらに2ページ目もあるのですが、基本バックグラウンドで動くアプリなので省略します。

    ごちゃっと感は若干薄れたものの、区分けが曖昧なところはダメですね。また、指の届く位置・押しやすい位置を先行しているので、見た目がよろしくないようです。右ききなので画面左側の方が押しやすい事と、目の動きも関係しているのかな?左によく使うもの、右はそれほど使わないものという具合です。壁紙を加工して区分けを見やすくするのもアリかな?などと考えています。

    飽くなき探求は続きます。

    @kosstyleさんのページにまとめ記事があり便利です。私も参考にしました。
    これは真似したい!【まとめ】iPhoneアプリのスゴイ!整理術15選

     
    コメントする

    投稿者: : 2月 21, 2012 投稿先 アプリ, ホーム画面

     

    タグ: , , ,

    Pinterestをビジネスに繋げる? #blog_jp

    ここ最近、各サイトでPinterest推しだったので、それに便乗し使ってみた。
    Pinterest、トラフィック誘導率でグーグルやTwitterに迫る勢い@cnet_japan

    「Pinterest」とは – Pinterestとは、Web上のボードへ気に入った画像を貼りつけられる、招待性のソーシャル掲示板のこと。 読み方は「ピンタレスト」。はてなキーワードより抜粋。

    招待制だが登録した翌日にはinvitationが届き、さほどストレスは感じない。
    使用方法などは、他サイトが上手く説明しているのでそちらへ。
    Pinterest(ピンタレスト)完全攻略マニュアル

    Webで気に入った画像をPinterestにクリッピングできるのは面白い。画像の掲載元のリンクもついているので、集客には繋がるように感じる。またAppでの閲覧が可能なので、ユーザーの裾野は広大だ。各企業はここを狙ってビジネス展開できないかと考えているのだろうが、そう上手くいくものだろうか?正直な所、今のままでは難しいだろうというのが私の感想。

    その要因の一つに、写真の芸術性の低さだ。芸術性以前の問題かもしれない。
    日本企業の掲載している商品写真が、こんなにも酷いものだったのかと思い知らされる。

    Webに対して収益を見込んでいなかったツケが、こんなところに出てきたのか・・・・・・。経費削減のためプロカメラマンを使わず、素人の撮影した商品写真の多いこと。仕方がないとは思うが、これには心底ガッカリした。ワールドワイドに展開を考えるのなら、早急に写真を取り直すべきだろう。また英語のランディングページもあわせて用意しておく必要もある。

    物撮りもランディングページを1ページ作るのも、ほんの数万円の世界。
    そこで出し渋って、チャンスを潰すほど馬鹿なことはないように思う。

    入る余地のある分野は、日本のファッション・ビューティ系、Geek系、日本固有の文化を持った製品などか。特にファッション・ビューティ系に関しては、日頃から雑誌掲載のための写真撮りをしているので、入りやすいように思う。ブライダル関係も強いだろう。いただけないのは、Geek系、日本固有の文化を持った製品はどこも製品写真が頼りない。家具や文具なんかは、良い宣伝になりそうなんだけどね。

    Pinterest最大の特徴として、コレクション性が高いところだと思う。宣伝を頭に入れている企業は、ユーザーが写真を手元に残しておきたいと思わせるような下地作りを優先した方が良い。損して得取れというのが難しい世の中になってしまっているが、小さなきっかけを逃さない事も重要なんじゃないかな。

     

    Pinterest 1.4.2(無料)App
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
    販売元: Cold Brew Labs – coldbrewlabs(サイズ: 4.2 MB)

     
    コメントする

    投稿者: : 2月 16, 2012 投稿先 アプリ

     

    タグ: , , ,

     
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。